Skip to main content

You are here

ホワイトペーパー

近距離・低消費電力ワイヤレス機器とモノのインターネット (IoT) (PDF)
このホワイトペーパーでは、小型のデバイス (各種センサーなど) が広域インターネット上のサービスに接続されるシステムにおける「ラスト100mの接続」について取り上げます。主に、「ラスト100mの接続」というビジョンの要件、今後のモノのインターネット (IoT) のユースケースに適したワイヤレス・テクノロジーについて解説します。また、ユーブロックスが思い描く「ラスト100mの接続」がIoT分野の重要な要素である理由、IoTの影響力に関するユーブロックスの見解を示します。

IoTアプリケーションのBluetooth Low Energyによるユースケースの可能性 (PDF)
年間100億以上のマイクロコントローラーが出荷され、そのすべてがローカルまたはインターネットを介して情報を交換することができるため、膨大な種類のいわゆる「インテリジェント・デバイス」が実現されています。これらのデバイスはすべてインターネットを介してアクセスされ、この進化をモノのインターネット (IoT) と呼んでいます。IoTは通常、インターネット接続された低消費電力のローカル・ワイヤレス接続を必要とします。このホワイトペーパーでは、IoTにおけるスマートフォンやタブレットの用途、Bluetooth Low Energyの役割、Bluetooth Low Energyを使用してインターネット上のサービスやアプリケーションにデバイスを接続する方法について説明します。

u‑blox GNSSアンテナ・モジュール: 全地球測位を容易化(PDF)
全地球測位を標準機能として搭載した製品やデバイスが増えると、衛星レシーバー・チップとアンテナを同一モジュールに実装した最適性能の「GNSSアンテナ・モジュール」が適切なソリューションとなり得ます。これらのモジュールは、市場投入での期間の短縮、物流の簡略化、「インスタント」衛星測位の経済的に持続可能なソリューションを実現します。このホワイトペーパーでは、GNSSアンテナ・モジュールを使用する利点と設計の側面をについて説明します。

ユーブロックスの車載アプリケーション用3D推測航法(2分間のYoutubeビデオ)
都市環境の高密度化、地下駐車場、多層構造のインターチェンジなどは、微弱な衛星ナビゲーション信号を利用するナビゲーション・システムに重大な問題をもたらしています。中断がなく信頼性の高い測位とナビゲーションに依存するシステム (カーナビゲーション、道路課金システム、車両運行管理、緊急サービスなど) の増加に伴い、衛星信号がブロックされたり途切れた場合でもXYZ軸で位置を計算できる「3D推測航法」のGNSSがますます重要になっています。本稿では、ユーブロックスのセンサー・フュージョン技術に基づくソリューションについて説明します。

u‑blox M8およびu‑blox 7: マルチGNSS測位への包括的アプローチ (PDF)
u‑blox M8プラットフォームの投入により、ユーブロックスは組み込み型のグローバル衛星測位をリードしています。先進のチップ・テクノロジー、洗練されたソフトウェア・アルゴリズム、GNSS衛星同時並行受信、マルチGNSS支援サービスを兼ね備えたu‑blox M8は、衛星ナビゲーション/測位の新たな基準を確立します。

GNSSタイミングとスモール・セルの隆盛(PDF)
GNSS衛星に基づく高精度タイミングは、低コストで信頼性が高く、どこでも利用できる、衛星をホストとする原子時計から生成される基準タイミングです。フェムトセル、マクロセルおよびスモール・セルの基地局で、1次/2次/バックアップ用の高精度タイミング・ソリューションとして容易に実装することができます。このホワイトペーパーでは、スモール・セル・アプリケーションにおける高精度な基準タイミングの要件とソリューションについて説明します。

M2MサービスプロバイダーとLTE: 新たな収益機会 (PDF)
世界中のサービスプロバイダーは、新しいLTEインフラストラクチャが導入されるたびに数十億ドルを費やします。世界中の20以上の事業者はすでに、T‑Mobile、China Mobile、AT&T、NTT DoCoMo、Sprint、Telstra、Vodafone、Telefonica向けのLTEサービスを展開しています。4G対応の新しい携帯電話やタブレットでLTEの採用が進んでいますが、M2Mの分野では新しい有料サービスがすでに始まっています。このホワイトペーパーでは、LTEを利用したアプリケーションおよびサービスの12の新たなビジネス・モデルを検証します。

LTE - モバイル・ブロードバンドの期待を実現(英語版PDFドイツ語版PDF韓国語版PDF)
最新のモバイル・ネットワーク技術であるLTEは、通信の歴史において最も急成長している標準規格です。画像の豊富なコンテンツやリモート・データ・ストレージの急激な増加に伴って、ヒトとヒト、ヒトと機械、機械と機械の通信にインターネットを利用したいという要望を満たすために設計されました。LTEは、ラストマイル接続、マルチメディアWebアプリケーション、セキュリティ、クラウド・コンピューティングなど、さまざまなテクノロジー・トレンドを加速・強化します。このホワイトペーパーでは、モバイル・データ・ネットワークの歴史について簡単に触れ、LTEの帯域幅とレイテンシーの改善によりWebがいかに変貌するかを説明します。

M2Mアプリケーションの隆盛と課題(PDF)
2013年は、史上初めて、マシン・ツー・マシン (M2M) 通信がヒトとヒトの通信を超えた年であり、インターネットに接続されるマシンの数がヒトの数よりも多くなりました。しかし、アプリケーションによっては、デバイスにM2M通信を装備するには要件が必要です。初期設計の検討時だけでなく、製品寿命 (どの程度の期間でデバイスの交換が必要になるか)、地理的範囲、ワイヤレス・ネットワークが2G->3G->4Gとアップグレードしたときの互換性について考える際にも、これらの機能を考慮することが重要です。本稿では、M2Mアプリケーション向けのデバイスを設計するときに考慮すべき12の問題について説明します。

ユーブロックスのGNSSおよびアンテナ・モジュールの哲学 (PDF)
互換性とアップグレード性に焦点を当てます。現在のエレクトロニクス産業、特に運行管理システムや資産管理システムといった工業用マシン・ツー・マシン (M2M) アプリケーションにおいては、製品サイクルが短く、各製品の一般的なアップグレード・サイクルは9か月から1年、製品寿命はトータルで10年までです。この期間、設計者は新しいテクノロジーの出現に対応すると同時に、オリジナルのデザインを超える市場拡大を目指して、製品を継続的に改善しなくてはなりません。拡張GNSSのサポートや複数のモバイル・ネットワーク規格との互換性などの新しい市場要件に対応するために測位/ワイヤレス・モデム・コンポーネントをアップグレードする場合は特に、設計上の課題が浮かび上がってきます。このホワイトペーパーでは、これらの課題と推奨ソリューションについて調査します。

ユーブロックスの欧州eCall向けソリューション(英語版PDF韓国語版PDF)
2015年の欧州eCallの導入が間近に迫るなか、車載eCallシステム (IVS) の開発が本格化しています。コンポーネントの的確な選択は、市場投入までの期間に大きな影響を及ぼします。eCall導入前にIVSのデザインを検証できるかどうか、緊密に結合されたGPSとGSMのサブシステムのデザインイン要件をサポートできるかどうか、包括的なソフトウェア・サポート、GSMモデムのコンポーネント・レベルでの認証、将来のワイヤレス技術との上位互換性、自動車用のGPSおよびGSMコンポーネントを大量に入手できるかどうか、といった課題を検討することが重要です。本稿では、これらの要件について調査します。

マルチGNSS測位へのユーブロックスの包括的アプローチ (英語版 PDF韓国語版PDF)
ここ30年でGPSは、ナビゲーションと測位の世界的なデファクトスタンダードとなりました。この状況は急速に変化しています。ロシア、中国、EUは、米国製GPS衛星ネットワークに対する政府・民間のナビゲーション/測位システムの依存度を低減またはゼロにするため、独自の並行広域グローバル・ナビゲーション衛星システム (GNSS) を展開しています。日本も、日本および東南アジア、オセアニア地域でのGPS性能向上を目指す独自の衛星補強システムを展開し始めています。この新しい衛星測位システムの拡大に対処するため、ユーブロックスは低消費電力のマルチGNSS機能を最新の衛星測位プラットフォームu‑blox 7に導入しました。

UMTSとGPSの一挙両得 (PDF)
産業界、特にモバイル・リソース管理システムやコネクテッドカーのナビゲーション・システム、携帯型の一般消費者向け製品においては、全地球測位、インターネットおよびマルチメディア・サービスによるモバイル通信の小型携帯用デバイスへの組み込みが、加速しています。その結果、自動アップグレード機能搭載のスマート・ナビゲーター、洗練された車両・個人追跡機器、豊富なマルチメディア機能と通信機能を持つスマートフォンやタブレットPCなど、どれか1つのテクノロジーのみでは実現不可能だった、位置情報に基づく魅力的な新サービス/アプリケーションが登場しました。このホワイト ペーパーでは、LISA‑U2モジュール・シリーズを使用してGPSとUMTS接続を結合するときに重要な考慮事項について解説します。

ハイブリッド測位とCellLocate®  (PDF)
GPSは広く普及したテクノロジーですが、室内や地下駐車場にいるとき、またはGNSS妨害信号が存在する場合などは特に、GPS測位が常に可能であるとは限りません。モバイル・ネットワークのセル属性でGPSレシーバーのデータを補強して一定レベルの冗長性を持たせることで、この状況を改善することができます。これは、多くのアプリケーションに有効です。ユーブロックスはこの手法を利用したハイブリッド型ソリューション、CellLocateを実現しました。

自動車用推測航法: 現代の都市ナビゲーションのためのインテリジェントなソリューション (PDF)
都市環境の高密度化は、微弱なGPS衛星信号を利用するナビゲーション・システムに重大な問題をもたらしています。道路課金システム、車両運行管理、緊急サービスなど、中断がなく信頼性の高いナビゲーションに依存するシステムの増加に伴い、「推測航法」のGPSはますます重要になっています。

u‑blox GPSレシーバーの妨害電波対策 (PDF)
GPSシステムのコンポーネント選定で重要な要素は、外部ノイズつまり「妨害電波」に対するレシーバーの耐性です。他の電子機器から発生するノイズの存在下で微弱なGPS信号にロックすることができれば、システムが提供する位置データの精度も大幅に向上します。