Skip to main content

V2X - 自律走行への第一歩

ADAS(先進運転支援システム)、見通し外接続(NLOS)、拡張範囲センシング、高度警報システムといった用語は、自動車メーカーが生み出した最近の流行語です。しかし、実際にこれらがすべて実現するのでしょうか?今日の技術にどこまで信頼を置けるでしょうか?

V2Xとは、車両間(V2V)または車両と環境間(V2I:車両とインフラストラクチャ間)の情報交換のことです。ここで交換されるのは、たとえば、後続の車が追い抜こうとしている、交差点の近くに歩行者がいるといった情報や、前方で事故が発生し、交通渋滞を避けるための車線変更の指示などの情報です。このような方法でドライバーを支援し、安全性を高めることができます。

この新技術は環境にもメリットをもたらします。追い越し運転の支援、交通規制の信号や街路の案内板、交差点の通知などによって最適な交通の流れに改善されることで、燃料の消費やCO2の排出を抑えます。

さらに、これだけに留まりませんが、テクノロジーによって交通整理のコストが低く抑えられるため、政府の予算も適正なものとなります。

もちろん、車両位置の精度や安全確保といった課題もあります。また、歩行者や自転車の検出も解決すべき課題と考えられます。そしてV2Xを普及させるには、世界各国のさまざまな規制に取り組む必要があります。

V2Xを実現する基盤となる通信技術は、従来のWi‑Fi技術と同じような特徴を持ちながら、低遅延、見通し外接続、および長距離接続用に最適化された802.11pに基づいています。

V2Xには、目的のアプリケーションで要求される遅延時間の厳しい制約に対処すると同時に、悪質な攻撃を防御する高度なセキュリティと検証フレームワークが組み込まれています。THEO‑P1はV2Xの要件を満たす最初のu‑blox製品です。このモジュールは、米国と欧州の運用規制であるWAVEおよびETSI ITS G5ITS G5に準拠した、インフラストラクチャと車両のための自動車グレードのV2Xトランシーバー・モジュールです。単一チャネル802.11pのダイバーシティとデュアル同時チャネル動作により、通信範囲は1km以上に及びます。

Further Information

 

Products

THEO-P1
組み込み型Car2Xトランシーバー・モジュール