Skip to main content

高精度測位は、スマートかつクリーンな世界を目指す次世代の自律走行車を推進します。

IoTがデータを物理的な世界からクラウドへと移動するに従い、無人車両はそれらのデータを活用するようになります。インテリジェントUAV(無人航空機)、自動走行車、自動農業機器、地上車両は、高精度測位によって未来の自動化された世界を推進します。この巨大市場は成長中であり、2022年までに300億ドル規模になると推定されます。

空中

無人航空機は、空に変革をもたらし、地図制作、調査、物流の作業までも変えつつあります。ドローンは、複数のチームが何日もかかって調査していたエリアの地図製作を数時間に短縮します。UAVは新しい視点から建築物と不動産の調査を行えるようにし、ドローンは物流業界を悩ませているラストマイル配送の問題を解決するかもしれません。

道路上

自動車のスマート化が進んでおり、自律制御も拡大しています。しかし、完全自律制御への最後の飛躍を遂げるには、一層の精度向上が必要です。高精度GNSSはセンチメートル級の測位を提供し、完全自律型および半自律型の自動車が車線を維持し、他の車両と適切な距離を保つことを可能にします。自動運転のシャトル・バスは、人の介入なしに、正確なルートをたどり、乗客をドアツードアで送り届けることができます。

地上

自動運転車だけでなく、その他の地上車両もすべて自動化されつつあり、効率性と安全性の向上およびコスト削減が進んでいます。トラクターなどの農業機械では、耕起、植え付け、耕耘、収穫を行うために、畑の中を正確にガイドする必要があります。鉱山機械や重機から芝刈り機まで、すべての機械で仕事を行うには、それらの機械が適切なタイミングで適切な場所にあることが必要です。

高精度GNSSがそれを実現します。