Skip to main content

狭帯域IoT(NB-IoT)

すべてのモノとヒトがワイヤレスで接続されている世界を想像してみてください ...

すべてのモノとヒトがワイヤレスで接続されている世界を想像してみてください ...

狭帯域IoT(NB‑IoT)とは

狭帯域IoT(NB‑IoT)は、地下室、マンホール、メーターキャビネット、都市、都市部から遠く離れた場所、高速道路、建物の奥深くなど、事実上、どこでも動作する無線システムです。 頻度の低い少量の2wayデータを安全かつ確実に処理します。 最大の利点は、わずか数ドルという端末のコストと、数年間持続するシンプルなバッテリーの使用です。

狭帯域IoT(NB‑IoT)

  • 既存のインフラストラクチャに導入可能
  • 基地局のファームウェアを変更するだけで、既存の無線ヘッドやアンテナなどが使用可能
  • 1つまたは2つのGSMチャネルの小さなスペクトルで動作
  •  

なぜNB‑IoTか

私たちは、安全で安定と堅牢性のある接続によるワイヤレス通信の未来を信じています。 また、ワイヤレス製品は人と機械によるセキュアで信頼性の高い情報交換を支援します。 大幅な規模の経済によって標準化されたソリューションと、既存環境への統合の容易性は、ワイヤレス通信に不可欠です。
将来、ガスメーター、水道メーター、パーキングセンサーの点灯、土地/公害/天候の監視といった多くの「モノ」は、インターネットに接続され、私たちの日常生活の質を向上させることになります。 到達困難な場所でも、このような使い方は実現可能であり、一度セットアップすれば少なくとも10年間はそのままにしておくことができます。 そして最後に、重要な点は、費用の低減です。

実現方法

NB‑IoTは、システムの設計、導入および市場展開を大幅に容易化します。 ライセンス・スペクトルを使用して、非ライセンス・スペクトルでは得られないサービスの質、料金請求や関連サービスの提供をグローバルプレーヤーから受けることができます。 NB‑IoTは、低データレート、長いバッテリ寿命、困難な立地に対応した、低コストのソリューションです。NB‑IoTは他の何かから派生したわけではなく、明確にこの用途のために設計されました。 3GPPで標準化が進められており、インフラおよび端末装置サプライヤーの大きな生態系が形成されることになります。NB‑IoTは早期導入版で展開されており、準備万端です。

プロプライエタリ・ソリューションと比較したNB‑IoTのメリット

  • ローカル・インフラストラクチャ不要、ゲートウェイ、セットアップなども不要
  • 独立型の設備: スイッチを入れるだけ
  • シンプルな導入: 近隣の装置を必要とせず、1つのユニットだけで実行可能

IoTvision_Cellular_Gateway

重要事項: ライセンス・スペクトル対プロプライエタリ・ソリューション

ライセンス・スペクトルとは:

  • 他からの干渉が制御されるため、高品質なサービス
  • 送信電力の制限が高いため、GPRS経由で20dbのマージンを実現可能
  • インターネット・アーキテクチャをサポート: デバイスにIPアドレスとメッセージの受信確認を持たせることが可能
  • 導入コストの削減、既存サイトの使用
  • デューティサイクル無制限 (基地局を含む) なので、メッセージ受信確認のためのダウンリンク容量 (双方向通信) とファームウェア更新用が可能

非ライセンス・スペクトルは、上記のメリットをカバーしません。

Products

SARA
Coverage and power consumption optimized NB-IoT modules