Skip to main content
読み込み中 ...
Search

狭帯域IoT (NB-IoT)

狭帯域IoT (NB‑IoT) は、手の届きにくい場所にあり、長期にわたって、少量のデータのみを必要とする「モノ」との新しい通信方法です。

狭帯域IoTとは

狭帯域IoT (NB‑IoT) は、LTEカテゴリーNB1とも呼ばれ、ほぼあらゆる場所で利用できる省電力広域 (LPWA) 技術です。すでに確立されているモバイル・ネットワークでデバイスをよりシンプルかつ効率的に接続し、高い安全性と信頼性で、頻度の非常に低い少量の双方向データを処理します。その優れた特長は次のとおりです。

  • 超低消費電力
  • 屋内や地下でも優れた拡張範囲
  • 既存のセルラー・ネットワーク・アーキテクチャへの導入が容易
  • ネットワークのセキュリティと信頼性
  •  
  • コンポーネント費の削減

nb iot

課題の解決に有効なNB‑IoT

私たちはセキュアで安定性と堅牢性のある接続によるワイヤレス通信の未来を信じています。多くの潜在的な「コネクテッドシングス (connected things)」は、遠隔地や手の届きにくいエリア、次のセルラー基地局から遠い距離、建物の深部や地下の構造物などの閉ざされたエリアにあります。カバーエリア内であっても、通信状況はあまり良くなく、デバイスのトランスミッターを高出力で動作させる必要があるので、バッテリーを消耗してしまいます。さらに、セルラー・ネットワークは、頻度の低い少量データを送信するだけのアプリケーション向けに最適化されていません。また、既存のセルラー通信規格は省電力機能をサポートしていないので、数年のバッテリー寿命を必要とする安価なデバイスには不向きです。

NB‑IoTはより多くのデバイスをIoTに接続し、多くの新しいアプリケーションを実現します。長期間にわたって少量のデータを通信する必要があるアプリケーションに最適です。ライセンス・スペクトルを使用するため、高い安全性と信頼性で保証QoSを提供します。

NB‑IoTアプリケーションはセルラー・デバイスのすべての機能を必要とするわけではないので、典型的なNB‑IoTアプリケーションに他のセルラー無線インターフェースを使用するとコストがかかりすぎてしまいます。NB‑IoTアプリケーションは低速の堅牢なデータ転送と適切なレベルの信頼性に的を絞っています。デバイスが低価格であれば、設置費用も削減され、盗難のリスクも低くなります。

ユーブロックス - NB‑IoT技術をいち早く導入
ユーブロックスは世界中のパートナーと連携してNB‑IoTの開発、推進、試験を行っています。

将来のアプリケーション

NB‑IoT applications blog post

スマートメーター

NB‑IoTは、定期的な少量のデータ転送によるガスや水道のメーターの監視に適しています。スマートメーターの導入にはネットワークのカバレッジが重要になります。メーターは、倉庫や地下室、都市部から遠く離れた地域など、難しい場所に設置される傾向が非常に強くあります。NB‑IoTは、優れたカバレッジと透過性でこの問題に対処します。

スマートシティー

自治体では、NB‑IoTを活用して、街路灯の制御、廃棄物回収のタイミングの決定、無料駐車スペースの確認、環境条件のモニター、道路状況の監視を行うことができます。

スマートビルディング

NB‑IoTに接続したセンサーは、建物のメンテナンスの問題について警報を発し、照明や暖房の制御などを自動で行います。NB‑IoTは建物のブロードバンド接続のバックアップとしても機能します。LPWAネットワークを使用してセンサーと監視システムを直接接続しているセキュリティソリューションもあります。このネットワーク構成は、導入と保守が容易であると同時に、侵入者にとっては解除が困難です。

一般消費者

NB‑IoTはウェアラブル・デバイスに特有の長距離接続を可能にします。これは、人および動物の追跡に特に有効です。同様に、NB‑IoTは、慢性的症状や加齢に伴う症状に苦しむ患者のヘルス・モニタリングにも使用できます。

農業と環境

NB‑IoT接続は、農業経営に「追跡可能性」をもたらします。たとえば、u‑blox NB‑IoTモジュールを搭載したセンサーで異常な動物の動きを警告することができます。このようなセンサーは、土壌の温度と湿度の監視、一般的な土地、汚染、騒音、雨といった属性の追跡に使用できます。

関連ブログ

Products

SARA
Power-optimized NB-IoT (LTE Cat NB1) modules