Skip to main content
Loading ...

Your Country

Your Country

Change your address
Search

CellLocate

信頼性の向上、ハイブリッドGPSとモバイル・ネットワーク属性に基づく室内測位

Parking Garage

GPSは広く普及したテクノロジですが、屋内や地下駐車場にいるとき、またはGNSS妨害信号が存在する場合などは特に、GPS測位が常に可能であるとは限りません。モバイル・ネットワークのセル属性でGPSレシーバーのデータを補強して一定レベルの冗長性を持たせることで、この状況を改善することができます。これは、多くのアプリケーションに有効です。

ユーブロックスは、ワイヤレス・トランシーバー・モジュールの社内開発を通じて、セルラー測位テクノロジCellLocate®を2GのSARA‑G3およびLEON‑G1ファミリーと3Gワイヤレス・モジュールのLISA‑U2およびSARA‑U2ファミリーに搭載しました。このテクノロジは、周囲のGSM/UMTSセル情報とGPS測位データを組み合わせることにより、単独での位置推定を可能にし、以下のユースケースで測位性能を改善します。

GPS信号がブロックされる場合: GPSレシーバーは、トンネルや建物内、金属製コンテナ内など、衛星信号を利用できない場合に、位置を判断できません。車両運行管理やサプライ・チェーン管理、建物内の人の追跡の場合、このような状況は容認できないことがあります。その場合は、GSMセル情報を使用したセル・ベースの測位システムで位置を推定することができます。これは、貴重な資産の位置が全くつかめないよりはおおよその位置が分かる方が望ましい、車両や積み荷を追跡するアプリケーションに適しています。このシステムは、倉庫、鉄道駅、空港、トンネル内で機能します。

GPS信号が妨害される場合: GPS妨害装置は100ドル未満で簡単に手に入ります。これらの装置はGPSレシーバーを機能不全にし、車両窃盗などに用いられます。このようなケースでは、衛星信号が妨害によってブロックされた場合にもGSMセル信号を使用できるので、セルベースのバックアップ・システムが2次システムとして機能します。u‑blox GPSレシーバーは妨害信号を検知してシステムを「盗難の恐れあり」の状態にするため、さらにインテリジェントなシステムにすることができます。

マシンツーマシン (M2M) アプリケーション: 多くのM2Mアプリケーションは、街中、道路や鉄道線路上、展覧会やエンターテイメント会場、医療施設など、特定エリア内での測位機能を必要とします。このようなエリア内での測位の信頼性は、セルラー信号とGPSを使用して高精度な測位を行うことによって改善できます。ユーブロックスのAssistNow Online GPS支援サービスの拡充に基づき、CellLocateを利用して以前に成功したGPS測位のデータとセルラー測位データが照合されます。

この「学習型」ソリューションは、市内でのタクシー運行および倉庫間のコンテナやパレットの移動といった特定エリア内でユニットが繰り返し使用されるM2Mアプリケーションに実用的です。これらのケースでは、有効なセル・データのデータベースが迅速に生成され、現在位置に関する信頼性の高い情報をユーザーに提供することができます。

上記のシナリオでは、セルラーおよびGPS測位データの組み合わせ (ハイブリッド測位) を利用して、GPSテクノロジ単独で達成できる結果よりも優れた測位結果を提供します。

  • GPS衛星信号が100%ブロックされるエリア、特に建物内における、測位性能の改善と拡張
  • 携帯電話の電波が届く場所では、最低でもおおよその位置情報を提供することにより、「測位不能」のシナリオを排除
  • GPS妨害の問題を克服することで防犯システムの性能を改善

CellLocate製品概要はこちらからダウンロードしてください。

ユーブロックスのCellLocateセルラー測位テクノロジは、u‑blox SARA/LEON 2.5GおよびLISA 3.75Gワイヤレス・モデム・ファミリーに組み込み機能として実装されています。ホワイトペーパーハイブリッド測位とCellLocateをダウンロードしてご一読ください。